2019年(平成31年)の干支

2019年は、亥年です。干支、十二支では最後の12番目に当たります。
亥は、猪突猛進という言葉で知られるイノシシ、猪のことです。

2019年(平成31年)の干支は?

平成28年(2016年)夏に、今上天皇が生前退位の意向を示されました。平成30年(2018年)夏には新しい元号が発表になると言われていましたが、皇位継承直前の平成31年春まで公表されないようです。カレンダーや手帳は平成のままになるのでしょうか。公的書類はともかく、ビジネス文章などでは、この機会に元号を使う機会がますます減っていくように思います。
とは言え、もともと古代中国の思想が由来である干支に、元号はさほど関係ありません。
2019年、平成31年(新元号では元年になるはず!)の干支は、「亥」。 動物では、イノシシがあてられています。漢字で書くときは、「猪」ではなく「亥」なので、年賀状に入れる際には、ご注意ください。

先に述べたように、イノシシで思い浮かぶ言葉と言えば、「猪突猛進」。目標に向かって、まっしぐらに突進していく、そんな勢いのある年にしていきたいものです。

2019年を、十干十二支で見ると

2019年の干支、「亥」をさらに詳しく言うと、「己亥」です。これは、「つちのとい」、または「きがい」と読みます。
十二支についてのページでも触れていますが、年を数える十二支のほか、日を数えるための十干という数詞があります。本来、干支とは十干十二支のことで、 10と12の最小公倍数である60にあてはめていくものです。
十干が己(つちのと)、十二支が亥(い)という組み合わせで、己亥となります。これは60個の中の36番目にあたります。
ちなみに、十干は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸なので、6番目が己です。

2019年 干支の由来

もともと古代中国の思想である十干、十二支は、古くから暦や時間、方角等の表示に使われる数詞として、日本でも親しまれてきました。それぞれに動物があてられているのも、親しみやすい理由の一つかもしれません。
十二支に比べて十干は馴染みが薄いですが、もちろん十支にも意味があります。十支は木・火・土・金・水に二つずつ割り当てられ、さらに陰陽も振り分けられています。十干の己は土性の陰を表し、土の弟(つちのと)とも言います。植物が成長して、整っている様子を表します。
一方の十二支でも、五陰陽において、亥は植物の生命力が種の中に閉じ込められた状態を表しています。
五行思想において、この組み合わせは相剋(そうこく)、土剋水(どこくすい)とされます。相克とは、相手と対する関係を滅ぼす陰の関係で、土は水を濁す一方で、土は水を吸収したりせき止めもします。陰の関係と聞くとネガティブな印象が先立ちますが、良い意味では植物が育つ豊かな土壌でもあります。循環の思想の中、陰陽のいずれもネガであり、ポジの面も持っているということなのでしょうか。

日本郵便 平成31年の年賀状サイトオープン!

今年も日本郵便の年賀状サイトがオープンしました。毎年恒例の年賀状作成ツールだけでなく、ニッポンの名字というコンテンツもありました。自分やおともだちの名字を入力すると、由来や日本で何人ぐらいいるのかを教えてくれるサービスです。ちょっと珍しい名字の方は、ぜひ試してみてほしいですね。
また、画像を選んで、デジタルでも印刷しても送れるスペシャル年賀状というサービスもありました。ゲームでおなじみのキャラクター年賀状もありますね。

ニッポンの名字
スペシャル年賀状

2019年の年賀状サービス

干支のイラスト入りだけではなく、お子さんや家族写真、写真好きな方なら自分のベストショットを年賀状にするのも素敵です。写真を元にするなら、やはり元々フィルムメーカーだったフジフィルムが安心です。ディズニーキャラクターやスヌーピーをあしらうのも楽しいし、LETTERSというナチュラルなレイアウト、デザインのシリーズもおすすめです。
近くにあるという点では、セブンイレブンの年賀状サービスも便利ですね。基本はネットですべて完結しますが、追加印刷したいときには、近くのセブンイレブンのプリンターを使うこともできるからです。追加印刷できるので、多めに用意する必要がありません。こういうサービスは上手に利用したいですね!

フジフィルムの年賀状 2019
セブンイレブン2019年賀状

今年の年賀状印刷
私も年賀状印刷用にプリンターを検討中です。
いろいろ調べて候補にしているのが、スマホ連携が簡単で、写真も高画質での印刷が可能なエプソン インクジェットプリンターカラリオ EP-881ABと、手頃な値段のブラザー インクジェットプリンター DCP-J577Nの二つです。
最近のプリンターは無線LAN対応しているものがほとんど。一番使うのは、年賀状のシーズンですが、普段もコピー機能等を利用するかもしれないので、もうちょっと迷ってみます。